無料ブログはココログ

最近のトラックバック

フォト

« Snow LeopardのアドレスブックとiCloudの同期 | トップページ | 楽天koboのSDを交換した »

2012/02/17

iPadのかな入力の不思議

iPadでかな入力をするとき、
設定のキーボード

設定のキーボードで、このように「自動大文字入力」と「自動修正」をoffにすると便利です。
なによりも「キーボードを分割」をチェックしておきましょう。
また、「各国のキーボード」で日本語(テンキー)を追加しておきます。「かな入力」でも「フリックのみ」でも、お好きな方を選びます。
テンキー

メモを開き、入力をすると、
50音キーボード

50音キーボードになります。

で、右下のキーボードマークを長押しして分割を選ぶと、
フリック入力

フリック入力ができます。右下キーボードの右端のしましまをドラッグするとキーボードの位置を上下に移動できます。

で、何が不思議かっていうと

50音入力の画面に違和感を感じませんか? 小学校のころから50音表って右側が「あ段」で左端が「ん」だったのに、なんで、ATMやiPadでは左端があ段になっているのでしょうか。
すげー気持ち悪いんですけど……

« Snow LeopardのアドレスブックとiCloudの同期 | トップページ | 楽天koboのSDを交換した »

PDA」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198480/54009964

この記事へのトラックバック一覧です: iPadのかな入力の不思議:

« Snow LeopardのアドレスブックとiCloudの同期 | トップページ | 楽天koboのSDを交換した »