無料ブログはココログ

最近のトラックバック

フォト

« ピンク・レディーを応援しようと思った | トップページ | iPhone用書籍リーダー »

2012/11/06

鶴書房の「物体Xの恐怖」

時々、見返したくなる(読み返したくなるではない)本があり、何冊かとってあります。
鶴書房の「物体Xの恐怖/防衛司令官」(2話で一冊)も、その中のひとつです。

Img_0021_1 物体X表紙

Img_0028_1物体X裏表紙

Img_0029_1版数や発行年はない

盛光社がつく前の鶴書房のミステリ・ベストセラーズの中の一冊です。

他にもディクスン・カーの「ビクトリア号の殺人/夜あるく」をとってあります。
Img_0023_1ビクトリア号表紙

表紙では「ビクトリア号の殺人 夜あるく」の2話となっているのですが、なぜか最初の話が「夜あるく」で、2番目が「ビクトリア号の殺人」となっていて???となります。

鶴書房は色々と変遷があったようで、今は、早川書房が版権を持っているようです。
このシリーズは10巻構成で、
Img_0039_1シリーズ一覧
となっています。

SFベストセラーズは鶴書房盛光社として発行されています。

「時をかける少女」は、筒井康隆氏の作品で、続編の「続・時をかける少女ー続タイム・トラベラーー」は、NHKテレビドラマになった「タイム・トラベラー」や「続・タイム・トラベラー」の脚本を書いた、石山透氏の作品です。これも不思議で「時をかける少女」は「時をかける少女」と「悪夢の真相」「果てしなき多元宇宙」の3話構成になっています。表紙からもシリーズ一覧からも、全くわかりませんね(苦笑)

確か、「なぞの転校生」も持っていたはずなのですが、どこをひっくり返しても見つからないので、捨ててしまったのかも知れませんねえ。こういうのを電子書籍化してもらいたいものです。

このような、ジュニア小説(と言うのか冒険活劇)は、子供の頃に読んで印象に残っているためか、年を経ても、時々見返してノスタルジックになります。

最後に、
Img_0022_1時間砲計画表紙

これは正に冒険活劇ですね。ついでにこれも「時間砲計画」と「霧の中のとびら」の2話構成です。あとがきの「タイム・トラベルの心得」(SFマガジン元編集長 福島正実氏)も楽しく読めます。

« ピンク・レディーを応援しようと思った | トップページ | iPhone用書籍リーダー »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/198480/56057520

この記事へのトラックバック一覧です: 鶴書房の「物体Xの恐怖」:

« ピンク・レディーを応援しようと思った | トップページ | iPhone用書籍リーダー »